女性

ランキングでも支持されているオールインワンゲルの正体

肌に合わせた洗顔

レディ

種類で分かる悪化度

大人になったからと言って、にきびがなくなるという訳ではありません。乾燥などが原因で肌が刺激を受けやすくなると、発生する確率が上がります。初期段階の白にきびは、痛みがなく潰しても跡が残りづらいと言われています。手でいじってしまうと、毛穴が開いて皮脂が酸化し、黒にきびとなることもあります。初期段階のにきびに代わりないですが、黒く酸化してしまうのでとても目立ちます。さらに悪化すると、毛穴内が炎症を起こし赤く腫れてしまい、赤にきびになります。これはにきび跡が残りやすく、痛みを伴うことがあります。にきびは症状が進むと治りにくくなってしまうので、初期の時点で予防をしていくことが大切です。悪化度合いによって使用する洗顔石鹸は異なるので、パッケージを確認するようにしましょう。

洗顔方法

にきびとは、ふさがった状態の毛穴に皮脂が詰まることで起きます。洗顔方法に気を付けて、改善していきましょう。白にきびの場合、過剰に分泌した皮脂を取り除くことが大切です。そのためピーリング石鹸を使ってのケアが適しています。ここで注意することとして、ピーリング石鹸は刺激が強いので週に1・2回の頻度で使うようにして下さい。赤にきびの場合は、肌が炎症を起こしている状態なので、抗炎症成分が配合された石鹸を使うと良いです。また、殺菌作用のある成分も効果的です。洗顔は朝と夜の2回で十分です。過剰な洗顔は肌を痛める恐れがあり、乾燥も引き起こしてしまいます。乾燥は余分な皮脂分泌の原因になるので、注意が必要です。自分がどの段階なのかを見極め、段階にあった洗顔を心掛けましょう。